消費者のためのオムニチャネル戦略

オムニチャネル戦略とはひとことで言うと新しい時代のマーケティング戦略のことです。

オムニチャネル戦略はもともとは2011年にアメリカのデパートがきっかけとなってスタートしたもので、日本においては2014年頃から話題になったものです。オムニチャネル戦略のオムニとはすべての、あらゆるを意味する言葉でチャネルとはルートや経路を意味するものでわかりやすく言うならばすべての(あらゆる)お客様とのルート(経路)のための方法ということになります。具体的にはあらゆる商品をすべての販売経路で消費者が購入することができるサービスを提供していくための方法ということになります。

例えば、コンビニエンスストアや百貨店などのデパート、スーパーマーケットや各種の専門店などのそれぞれが種類の異なる企業が統合することによってさまざまな種類の商品を消費者に提供ができるがというメリットがあります。つまり消費者目線で消費者に合わせた要求に応えることのできるものです。

またオムニチャネル戦略ではあらゆる販売チャネルを統合させることで消費者がどこのメーカーの商品がどこのお店に在庫が置いてあるのかが自宅に居ながらにしてもわかるようになっているため、わざわざお店に足を運び在庫が切れて商品が購入できないということを防ぐことができるというメリットもあります。前もってか値段や特徴など商品に関する情報を把握してからお店に足を運んで実際に手に取ってから購入できるというメリットもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です