プッシュ通知とはどう使えばいいのか

プッシュ通知とは、スマートフォンなどのウェブアプリケーションでユーザーに情報を提供するための仕組みです。

普段からスマートフォンを使っていれば、トップの画面に色々な情報が表示されるのを目にするはずですが、あれがまさにプッシュ通知と言われるものです。どのような情報が届くのかはアプリケーションごとに異なりますが、主に機能更新のお知らせだったりセール情報だったり新しいコンテンツの追加を知らせるものだったりすることが多いでしょう。アプリケーションの開発側からすれば、プッシュ通知を上手く使えば、ユーザーの心を捉えてアプリを長く使ってもらえますし、自サイトなどへの集客ツールとしても大いに役立ちます。

しかし、使い方を間違えると逆効果になる場合があるので注意が必要です。逆効果になるような使い方とは、ユーザーの役に立たない情報をひたすら垂れ流すような事です。このようなことをしていると、ユーザーに愛想をつかされてしまい、最悪の場合はアプリをアンインストールされてしまいかねません。上手にプッシュ通知を使う方法とはどのようなものかといえば、まずユーザーにとって有益な情報であることが大事です。

それから頻度もほどよいものにしなければいけません。一日に何十通も送りつけるようだと嫌われてしまう可能性が高くなります。また深夜などに送るのもあまり良いことでないでしょう。プッシュ通知を送るタイミングは、アプリの種類などによっても変わってくるので一概にはいえませんが、試行錯誤して最適なタイミング・内容・頻度を体得することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *