プッシュ通知は継続的に送ることで効果が高まる

プッシュ通知をする目的は、顧客ロイヤリティを向上させたり、売り上げアップにも貢献できる機能を有しています。

主に店舗などの販売戦略で用いられることが多い特徴があります。スマートフォンなどを所有しているユーザーであれば、よく利用している店のアプリなどを入手していることも多く、スマートフォンの画面上にお店からの通知が届くことがあります。これはスマートフォンのユーザーが目にすることができる状態で届きますので、通知を察知することが可能です。プッシュ通知のタイミングは、定期的に行うことで効果を得ることができます。

ユーザーは常にお得な情報に飢えている状態にあることが多く、お得な情報を得たらそれが利用するきっかけに繋がることも多いです。実際にプッシュ通知をする側としても、通知のタイミングなどの条件を設定することも可能であるため、知ってほしい情報を確実的に顧客に届ける魅力が存在します。プッシュ通知の仕組みは、ユーザーサイドが操作を意識することなく、自動的に届く仕組みになります。本来はメール受信をする場合には、サーバーに対してフェッチの処理をユーザー自身が行う必要がありました。

それがユーザーはそういった処理を施さないでも勝手に届くので、ユーザーが意識しない状態で取得できます。つまり忘れかけたことが、それをきっかけに記憶を戻すという効果を得ることが可能です。なお一般的にはプッシュ通知は継続的に送ることで効果が高まりますが、その回数も頻繁になってしまうとアプリをアンインストールされてしまうきっかけに繋がることもあります。回数が多くなるとスマートフォンの操作で忙しい中で、煩わしいと意識されてしまうからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *