OSプラットフォームに応じて開発するアプリとは

OSプラットフォームが異なれば、対応したアプリだけが使えます。

同じ機能を搭載したソフトウェアを複数のOSで動作するようにしたマルチプラットフォームが近年数多く開発されるようになってきましたが、企業にとってビジネス的なメリットやユーザーのニーズが無ければ、このような作り方は行われる事は少ないです。その為、専用アプリを開発する方がハードウェアの性能を十分に発揮させる事ができ、処理速度を活かした高い機能性を持たせる事が出来ます。OSプラットフォームが異なれば、開発用のソフトウェアも変わってきます。

特に、スマートフォンのOSの機能をプログラムで呼び出せるようにしたAPIと呼ばれるインターフェースは、アプリの機能を実現するのに欠かせないものです。APIが充実していれば、それだけ高度な機能をアプリに搭載出来る事になり、開発効率も段違いに良くなってきます。効率が良くなれば、複数のモックアップを作って機能テストをしたり、バグなどが無いかを調べたりといった事が出来ます。

完成度を高める事にも繋がりますので、非常に強力な仕組みを開発現場に導入出来ます。ユーザーのニーズもプラットフォーム毎に違っており、アプリを作っていく際には、ユーザーのニーズを掴んでおく事が重要です。ゲームユーザーが多いのか、ビジネスユーザーが多いのか、あるいはファミリー層が多いのかによって、求められる機能性は異なります。多くの人々に使ってもらう為にもニーズを把握し、使い易さを出していくと良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です