アプリは自社で作成すべき

最近はアプリを他社に依頼をして作成するというような事も行われるようになっていますが、そのような事をすると時間も費用もかかりますし、何より人気が出てきた時のバージョンアップによる収益が自分達の元に入りにくくなるという事があるので、アプリは自社で作成すべきという事が言えるでしょう。

確かに他社に依頼をすると様々なモノが作れるようになるという事で、一見収益が出やすいように見えますが、今は多種多様なものが出てきていて、どれが利益の柱になるのかという事はなかなか分からないような事になっています。という事は自社で開発をしてバージョンアップによって収益をあげるというモデルの方が良い事が分かってきたわけです。

自社でアプリを作成すれば、それなりにテクニックも身につれられるようになるので、技術力の向上という意味でも大きな意味があると考えて良いでしょう。アプリは新規に開発する所が最も時間と費用がかかるところで、バージョンアップはハッキリ言えば元を回収する事が出来るドル箱となると言えるのかもしれません。

最近はゲームなどのソフトの業界がこのバージョンで大きく収益を伸ばしているという事がありますが、これが出来るようになれば、一気に収益性は高くなることが考えられるので、こうした事を考えてアプリは自社で作るという事を考えるべきです。短期的な視点ではなく長期的な視点でビジネスを考えれば、自分でするという事は基本ですらあると考えて良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です